Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ドラフトの力関係 ~八重山商工の無礼~
八重山商工・伊志嶺監督がロッテを門前払い宣言
スポーツ報知


ロッテが八重山商工の大嶺選手との交渉権を得たことで、
伊志嶺監督が怒っているらしい。

なぜ怒るのか甚だ疑問でならないのだが。。。
僕はあまりプロ野球の制度に詳しくないので、誤解があったら
申し訳ないのだけど、高校生ドラフトってのはいわゆるクジ引き制度。

だったらどこが交渉権を得ようと、それは運でしょう?
クジ引きである以上、ハズれたことに文句を言ってはいけない。

ソフトバンクとは相思相愛だったとか、前から入りたい球団だったなんて、
そんなのは個人の勝手な思いでしかないのだ。

しかも極めつけに良くないのは、伊志嶺監督がバレンタイン監督に対して、
「アメリカ人とは言葉も気持ちも通じない」とまで言っていることだ。
これは完全に八つ当たりであり、差別発言にも採れる。

一体バレンタイン監督が何をしたというのか。
怒りに任せて論点をすり換え、挙句の果てにこのような低レベルな発言を
するようでは話にならない。

僕が思うに、選手・監督の立場だったら、
むしろ「指名してくださってありがとうございます」という
感謝の気持ちを持つのが普通じゃないだろうか。
門前払いなどもってのほか。

どれだけ優秀な才能を持った選手だろうとたかが高校生。
まだプロでどれだけの成果を上げるかは未知数。
球団側はそれを見極めなければならない。

また入団させた以上は、その選手に対してサラリーマンとは比較にならない
莫大な年俸を支払い、コストと人を割いて成長させていくことになる。

主導権は100%球団側にある。

高校生は選ばれる側。偉そうなこと言える立場じゃない。

選ばれなかった選手の気持ちを考えたことはあるのだろうか?
まずは選ばれたことの一点に感謝すべきである。

選手もそうだが、今回の場合は伊志嶺監督の器が小さい。
このような監督に指導されているようでは、
野球は巧くなろうとも人間的には成長できないと思う。

メディアがもてはやしたせいで天狗になっているのか知らないが、
もっと謙虚になって欲しいと思うのは僕だけだろうか?

八重山商工は好きなチームで応援していただけに、
今回の件で監督の狭量が露呈してしまい、ガッカリした。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。