Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
空気読めない≠空気読まない

「空気読んじゃう」新入社員・その傾向と対策│INSIGHT NOW!
http://www.insightnow.jp/article/1275


今年はなぜか、どこの企業の新入社員研修でもそうしたグループ内での
衝突がほとんど起こらない。微妙にグループ内で意見の対立が起こっているフシもある。
自説を主張している人間もいる。しかし、すぐに自ら却下してしまうのだ。
たぶん、「空気読んじゃっている」のだろう。

あまり強引に主張して、周りから浮きたくないという意識が働いているのではないだろうか。
そこそこに主張し、後はグループの合意に従い進めていく。そんな傾向が見て取れた。

だからといって、結果がプアな状態になるわけではなく、うまく調整をとって、
結果を出せるのも今年の傾向かもしれない。例年の、対立や孤立が発生するグループ
よりも、全体としては仕上がりのいい発表に至るケースが多い。

INSIGHT NOW!より抜粋



場の空気を読んで調和を取ることはコミュニケーションを
円滑にする技法であり、マナーでもあったりもします。

しかし「空気を読む=自己主張をしない」というコトではないと思います。

元来日本人は主張より協調を好む人種なので、
空気を読むのは得意だし、協調することに安心を覚えるもの。
ですので昨今のKYブームは、実に日本人的だと言えます。

でも良く考えてみると「自己主張しない」ことって、
ちょっと前までは「旧態依然とした悪しき日本の風潮」だということで、
世間では声高に反論していた気が。。。

KYという単語が生まれたことによって、
その論調がいつの間にかひっくり返ってしまっています。

確かに、天然で空気を読めないKYな人は扱いに困りますが、
“敢えて空気を読まない”自己主張は、空気読める人にしか出来ません。

この辺りを履き違えて欲しくないなーと感じました。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。