Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
広告業界における地殻変動
メディア・パブ気になる記事を見つけましたので、
一部体裁を変えて以下に抜粋しました。



広告の主流は、マス相手の伝統的な広告から、
個人相手のターゲッティング広告へと移り始めている。
広告枠の透明化と、その売買のオープン化も進みそうだ。

企業は、広告料金が"インプレション"ベースから
"リアルインパクト"ベースにシフトすることを要求している。
つまり視聴率やページビューではなくて、費用対効果を厳しく見始めているのだ。

今回、消費者2400人と広告専門家80人を対象に調査を実施した。
その結果から、次の4つのトレンドを指摘している。


1.Attesion:
 広告がマルチチャンネル化し,消費者が能動的に広告と
 接触するようになっている。TV離れが進む。接触時間の点でも、
 PCがTVのライバルに。回答者の71%が、毎日2時間以上もPCから
 インターネットを利用している。
 回答者の48%は、PCとTVの接触時間がほぼ同じとなっている。

2.Creation:
 UGC(ユーザー作成コンテンツ)の台頭が目立つ。
 YouTubeやCrackleなどのように、ユーザーとの間で広告売上を
 シェアするモデルが出現。回答者の39%は、オンライン動画
 コンテンツとしてUGCをプロの作品よりも頻繁に視聴している。

3.Mesurement:
 広告専門家の2/3は、今後3年以内に広告売上高の20%が
 インプレション・ベース広告からリアルインパクト・ベース広告に
 シフトすると答えた。

4.Advertising inventories:
 広告在庫システムのオープン化と効率化の要望が高まっている。
 広告専門家の半数以上が、オープンプラットフォームが
 5年以内に実現すると見ている。




確かにこのような"地殻変動"は、事実起きていると感じます。

個人的な意見としては、ROIを追求したターゲッティング広告が、
必ずしもユーザーの満足(好感)度を高めることにはならないと思っています。

広告を"コミュニケーションポイント"として捉えたプランニングをしないと、
結果的に企業とユーザーはマッチしません。

両思い同志のデートでも、場所と時間を間違えると逆効果…って事で。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。