Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
マクドナルドの日時計広告
McDonald’s AD


日時計を使ったマクドナルド広告
その時間に何を食べたら良いか、広告が示してくれます。

実際にこの広告が示したメニューが、そのときの自分にとって相応しいかは
この際置いておくとしても、単純で面白い仕掛けですね。


さて、最近のマクドナルドは経営が好調みたいです。

有り得ないボリュームのメガマックや、賛否両論巻き起こるマックグリドル
ビーフ崇拝者の逆を狙うマックポークなど、次々と新商品をヒットさせています。

もはや味でも価格でもなく、インパクトを前面に打ち出した戦略が、
良い意味でマックらしく消費者に受けてるんだと思います。

言い方は悪いけれど、マックファンは"グルメ"じゃなくて"ジャンキー"なので、
味にこだわったところで感動が薄い。それよりも「デカイ!」とか、
「ナニコレ?」といった驚きを与えた方が、ストレートにウケるんでしょうね。


特にマックグリドルの戦略は上手くて、味については一切宣伝せず、
先行で試食会を開くなど、口コミを広げて消費者の興味を煽っています。

気になるその味は、美味しいかといえば、それほど美味しいわけじゃない。
でも一言で説明できない奇妙な味なのです。

だから食べた人たちの感想は「よく説明が出来ないから一辺食べてみろ」となり、
そうするとジャンキーなマックファン達は、怖いもの観たさというか、
興味本位で一度は食べに行ってしまい、そこからまた口コミが広がるのです。

マックグリドルの場合、ジャンキー特有のゲテモノに対する好奇心を、
口コミによって上手く煽ったことが成功の秘訣なんだと思います。


うーん、マックが食べたくなってきました。。。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。