Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ボラット ─ 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
『ボラット』オフィシャルHP

下品過ぎて発禁処分を受けていたという問題作「ボラット」が、
急転して全世界での公開が決まったそうです。

作品については、既に様々なメディアやブログが書いていますので、
いくつかピックアップしました。詳しくは以下の記事をご覧下さい。


米で「自虐映画」大当たり 「ボラット」
 by sankei shinbun ENAK

賛否両論必至『ボラット』試写会ご招待
 by All About Japan

米国の痛い所を突いたコメディ~映画「ボラット」がヒット中
 by U.S.FrontLine

『ボラット』が大爆発!聴き逃し厳禁
 by HMV Japan

英米のエンタメ界を席巻している映画
 by Get Real, Love Your Life


さて、この作品の主人公であるボラット氏のホームページが
かなりのクオリティを発揮しており、僕は映画よりもこっちの方が
気になって仕方ありません。

ボラット氏のホームページ
※ボラット氏のホームページ


ホームページのデザインは、あのウェルコネ愛生会病院を彷彿とさせ、
片言な文章はまさに板尾の嫁ことシェリーのよう。

とても魅力的なセンスです。


肝心の映画は多分・・・観ないと思います。。。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。