Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
デニム余話
DENIM

今日はデニムに関するどうでもいい余話を。


僕は何を隠そう、相当なデニム好きなのですが、
こだわりが多すぎて、全てをクリアしたモノを探すのが一苦労。

一言で言って、ディティールはヴィンテージ仕様だけど、
シルエットは現代的なものが、僕の考えるベストなデニム

ちなみに好みの条件を細かく書くと、、、

・生地は13.75オンス~14.5オンス
・生地の生産地は(今なら)岡山産のもの
・セルビッジは赤耳で幅は細め
・リベットはスコービル社のものかブランドオリジナル
・コインポケット裏にも赤耳
・バックポケットに充て布と隠しリベット
・ボタンフライでボタンはドーナツ型
・ジッパーだったらTARON社製
・縫製糸は100%綿素材で2色以上使用
・ベルトループは中心に厚みのあるもの
・シルエットはかなりタイトで若干テーパード
・股上はローライズ
・ウエストはタイトに絞ったもの



国内の製品が比較的良く出来ていて、
SOMETSKULL JEANS#5010はとても理想に近いです。

海外モノだとニューヨークのJEAN SHOPデニムは、
とても良く出来ているけど、残念ながら少し太いんだな。


・・・さて少し話は変わって、デニムの裾上げについて。

デニムは必ずチェーンステッチで仕上げるのですが、
普通の仕立屋ではまずやってくれません。
仮にチェーンで仕上げてくれる仕立屋に頼んでも、
気の抜けたステッチで仕上がってくることが多いのです。

そんな中、DENIMWORKSという仕立屋さんは、
僕がとても贔屓にしているお店。

ここのオーナー福田さんのデニムに対する情熱はハンパじゃありません。

裾上げ1つとっても、折幅、糸の素材、糸の色、生地のウネリ具合、
3つ折か4つ折か…などの条件を、全てオーダー可能。

以前、Levi's505の復刻モノの裾上げを頼みに行った際、
「裾の折幅を狭く仕立てて欲しい」と依頼したら、
「当時のヴィンテージ505に折幅の狭いものは存在しないが、
それでもいいのか?」
と言われました。

そんなことを言ってくる仕立屋さんを他に知りません。
間違いなく福田さんは一流の職人だと思います。


そんなこんなで、僕のデニム探求旅行に終わりはないのです。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
商品番号V10209ブランドDaddy Oh Daddy (ダディ・オ・ダディ)素 材コットン100%カラーネイビー/ブルー商品説明USED感たっぷり!!女の子気分満喫★!のデニムボレロです!Tシャツの上から羽織るだけでいい雰囲気です♪ロンTの季節にも◎~!参考寸法(cm)サイズ身幅着丈袖丈
2007/07/23(月) 14:24:53 | ベストのレス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。