Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
政治の裏側は恐ろしく黒くて果てしなく深い
今、リアルタイムで進行中でお馴染みのドラマ
「24」にハマっていて、先日シーズン1を見終え、
この週末にシーズン2へ突入した。

シーズン2では、冒頭でテロ対策ユニット(CTU)の
メイソン支部長が、事故によって放射能を浴びてしまうシーンがある。
結構ショッキングなシーンだ。※ネタバレご容赦。。。

そのシーンの回を観終わって、何気なくTVを点けたら、
ロシアの元スパイが政府高官に毒殺された(らしい)という
ニュースが飛び交っていた。しかも放射性物質によって殺されている。

一瞬、何が現実で何がフィクションだかわからなくなった。

この元スパイは、政府が抱える裏組織で暗殺をミッションとしていた。
彼は引退後、その内情を暴露し続けたために政府から狙われていたという。

まったくもって「24」を地で行くような世界観の一致だ。
不思議な感覚である。

間違いないのは、
政治の裏側は恐ろしく黒くて果てしなく深いということ。

24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産) 24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産)
キーファー・サザーランド (2005/08/12)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。