Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
河井継乃助
江戸時代の藩政に興味があり、いろいろと歴史の本を読んでいる中、
興味を持たずにはおれない人物が現れた。

長岡藩の家老、河井継乃助という人物である。

河井継乃助については、存在をまだ知ったばかりなのであまり詳しくないけれど、
この人が強烈な扇動力を持った人であることは違いない。
意志が固く一本気が通っており、そして相当に有能な政治家だ。

陽明学でいう「知行合一」を地で行く男である。

この人は単なる書生から執政にまで上り詰めている。まずはそこに共感を得る。

彼は藩体制を守るため、新政府軍に最後まで反旗を翻した。
よほど信念がないとできない無謀な行為だ。

リアルタイムで幕末を体験してみないと歴史の真実は見えてこないけれど、
彼の行動には間違いない正義があると思う。

河合継乃助が主人公の小説、司馬遼太郎「峠」を読んでみようと思う。


■参考 ・河井継乃助記念館  ・日本最後の武士
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。