Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
天才ジャズミュージシャン Vol.1











個人的に天才だと思うジャズミュージシャンをアップしてみます。

Roland Kirkはもう見た目から明らかに常人のレベルを逸しています。
でも音に一切の変化球はなく、ホンモノのジャズを聴かせてくれる。
決して奇をてらっていない「一表現者」としての天才を感じるのです。

Thelonious Monkは僕が最も尊敬するジャズピアニストの1人。
楔を打ち込むような朴訥な演奏。音楽表現の限界を感じさせません。

Cecil Taylorの豊かでルール無用の表現力は、その瞬間瞬間の感情を
ギュッと閉じ込めたような新鮮さが詰まっています。

若い頃のAhmad Jamalはイケメンでクールな雰囲気ですね。
音と音の“間”を表現した余裕のある演奏がたまらなくカッコイイんです。

Tommy Flanaganは実に調和的で小気味良い演奏をします。
突出せず、埋もれず。この絶妙なバランスが彼の魅力だと思います。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。