Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
BEN DAVISの3ピーススーツ
BEN DAVIS
via: honeyee.com


老舗のワークブランドBEN DAVISから、3ピーススーツがリリース。

ボトムがダブルで仕上げたショートパンツってのがまた良いですね。

ワークブランドながらロックな匂いがプンプンするアイテムです。
これはヘタに着崩さずに、カッチリと着た方が絶対カッコ良いでしょう。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Disney Double Take
Kontraband│Disney Double Take


ディズニー映画で同じカットを使い回しているシーンをまとめた動画。

衣装や風景を変えているので、作品を鑑賞中には気がつかなそうですが、
こうしてまとめてみると、何気に結構使い回し多いんですねー。


※上の動画、サイトを開くだけで自動再生されてしまうみたいですね…。
 どうやらこの動画サービスの仕様のようで直せません。
 いきなり音が出てしまいますので、ビックリされた方はスミマセン。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Sliced Bread//Notebook
BRED_1

BRED_2

BRED_3

BRED_4

BRED_5
http://www.burakkaynak.com/works/sliced-breadnotebook/


トルコ生まれのクリエイティブディレクター
Burak Kaynakがデザインした食パン型のメモ帳。

パッケージで食パンのように見せているだけで、
メモ帳自体は超シンプルなデザインなので、
堅めのビジネスシーンでも問題なく使えます。

なんとなく無印良品がやりそうなテイストですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
サウスウエスト航空の機内放送



格安航空会社として知られるサウスウエスト航空の機内放送。

ユーモア溢れるサービス精神、新しすぎるし楽しすぎます。しかも上手い。。。
もし旅行でこんなシーンに出くわしたらワクワクするだろうなぁ。
まあ疲労困憊のときはこのテンションが返ってシンドイかもしれませんけど。

サウスウエスト航空Wikipediaで調べてみると、同社はただ格安なだけでなく、
独自の奇抜なアイディアや業務方針を打ち出して、毎年利益を上げており、
1997年には「アメリカでもっとも働き甲斐のある会社」にも選ばれているとのこと。
*via: サウスウエスト航空 - Wikipedia

関連本もタイトルが妙にソソリます。これは近々読んでみようかと。


破天荒!―サウスウエスト航空 驚愕の経営破天荒!―サウスウエスト航空 驚愕の経営
(1997/07)
ケビン フライバーグジャッキー フライバーグ

商品詳細を見る


社員第一、顧客第二主義―サウスウエスト航空の奇跡社員第一、顧客第二主義―サウスウエスト航空の奇跡
(1998/11)
伊集院 憲弘

商品詳細を見る



このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
LOCTITE社の名刺
LOCTITE


LOCTITE社の製品Super Attackを担当する社員の名刺。

Deeplogでは過去に何度か面白いデザインの名刺を紹介していますが、
これもなかなかエッジの利いたクリエイティブですね。

ちなみにSuper Attackという製品については、下の動画をご覧下さい。
ついでに名刺のデザインの意味もなんとなく判ると思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
『オーデュボンの祈り』
オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



読み終わった後、本当に鳥肌が立ちました。

正確に言うと、冒頭から各所にちりばめられた伏線が、
クライマックスに向かって物の見事に合致していく畳み掛けに、
ジェットコースター的グラインド感というか爽快感を覚え、
ゾクゾクと鳥肌が立ってしまったというワケです。


現代まで外界との接触をせず、鎖国を続けているという謎の島。
その島にひょんなことでたどり着いてしまった一人の男。

物語は「この島に足りないものはなにか」というテーマを核にして、
男は島を歩き回り、奇妙な島民たちと出会っていきます。

まるで夢を見ているような極めてシュールな世界観なのですが、
時折出てくるソリッドな残酷描写などに人間的なリアリティがあり、
単なる夢物語に終わらない絶妙なバランスが保たれています。


この話は映像にするときっと陳腐になっちゃいますね。
これぞイマジネーション・イズ・オールな小説だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。