Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Anna Conwayの暗い部屋
Mrs. Lance Cpl. Shane O'Toole and Mrs. Staff Sgt. Brandon Stevens 2007

Trance 2006.jpg

Alejandro 2005.jpg
http://www.guildgreyshkul.com/artist.php?id=114


ニューヨークのアーティストAnna Conwayの油絵作品。

どの作品も、とにかく暗い。。。
ここで言う「暗さ」は、ネガティブな意味合いの「暗さ」ではなくて、
光の量的な意味合いでの「暗さ」のことです。

空が曇っていたり、部屋の電気が消えていたり、はたまた夜だったりと、
暗いシチュエーションかつシュールな作品ばかり。


個人的には冒頭に載せた「部屋で腹筋している男女の絵」が好きです。

よく晴れた日にドライブしていて、いきなりトンネルに入ると
目が慣れずに真っ暗になる「ブラックホール現象」ってのがありますが、
それに非常に近い光量バランスで描かれています。

きっとどの作品にも込められたメッセージがあると思うんですが、
このアーティストの真意はよくわかりませんな。。。
直感で面白いと思えればそれで良いかなーと。


ちなみに本作品が展示されているニューヨークのギャラリー
Guild & Greyshkul Galleryには、他にもツボに入るアーティストが
何人かいたので、以下に紹介します。
※アーティスト名にリンクを貼っておきました。


ストイックな線画が美しいErnesto Caivano
ゲロ吐きそうなくらい退廃的なValerie Hegarty
クールなタイポグラフアートのLou Laurita
エログロコラージュのKirsten Stoltmann


どうやらこのギャラリーのセンス、僕とかなり近いものを感じます。ムム。。




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。