Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
絶滅年表
絶滅年表
http://www.eigoplus.com/image/200805/extinctiontimeline.jpg


物事の存在意義の有効期限をまとめた「絶滅年表」

1950年~2050年の間で、これまで失われてきたもの、
これから失われていくものがまとめられています。

未来予測の部分が非常に興味深い内容なので、
個人的に気になる項目をピックアップしてみました。

2018 テキストで検索
2019 ダイレクトマーケティング
2029 労働組合
2032 硬貨
2035 石油
2038 氷河
2040 平和と静寂
2048 Google


失われるものの中には、消滅・枯渇してしまうもの、
不必要となるもの、代替物で賄えるようになるものなど、
いくつかのケースがあると思います。

2018年にテキスト検索がなくなるということは、
その代わりとなる検索スキームが作られるのでしょうか。

DMや労組がなくなるというのは俄かに想像しづらいですが、
有り得る話かもしれません。

また、電子マネーが今以上に普及してインフラ化すれば、
硬貨がなくなるのは必然の流れでしょう。

そして2035年以降はいよいよ人間の思惑と反して、
大規模な消滅・枯渇が続いていくようですね。。。

Googleの終焉も、時代の転換期として気になるポイントです。


原文記事:Extinction Timeline: what will disappear from our lices before 2050.


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。