FC2ブログ


Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
年末年始で読んだ本とこれから読む予定の本
年末年始で読んだ本とこれから読む予定の本をメモ。

最近は比較的、社会学関連の本を多く読んでいる気がします。

仕事に直結する本(僕の場合は広告ビジネス関連)も良いけれど、
世の中の原理原則を知識として押えておくことが、
結果的にビジネスアイディアの創出に役立ったりするんですよね。


明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)
(2008/01/10)
佐藤 尚之

商品詳細を見る


メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書 (298))メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書 (298))
(2007/04/17)
松永 和紀

商品詳細を見る


サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
(2007/11/09)
春山 昇華

商品詳細を見る


入門!論理学 (中公新書)入門!論理学 (中公新書)
(2006/09)
野矢 茂樹

商品詳細を見る


一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)
(2007/07/20)
デュラン れい子

商品詳細を見る


非属の才能 (光文社新書 328)非属の才能 (光文社新書 328)
(2007/12/13)
山田 玲司

商品詳細を見る


「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か? お金で後悔しないための経済学 (ソフトバンク新書 58)「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か? お金で後悔しないための経済学 (ソフトバンク新書 58)
(2007/12/15)
山本 御稔

商品詳細を見る



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
SONY BRAVIAのCMを再現!?
Graziano Cecchini_balls1

Graziano Cecchini_balls2


ローマの街中で50万個ものボールをばら撒いた男性が逮捕されたとのニュース。
男性の名前はGraziano Cecchini。元極右で現在54歳だそうです。


Graziano Cecchini_balls3


最初にこのニュースを見たとき、SONY BRAVIAのCMに影響を受けた人が
本当に実践しちゃったというおバカ系3面記事ニュースかと思ったんですが、
Grasiano氏の証言によると、イタリア政府への反抗をアートを通じて表現したとのこと。


しかしやっぱりこの活動のアイディアソースはSONY BRAVIAのCMだと思う。
仮にそうだとすれば、CM効果が間違った方向に影響してしまったワケで、
それはそれでちょっと問題なんですが。。。

モラル的な観点から判断すれば、どう考えてもNGな活動なんでしょうけど、
傍目から野次馬的に見る分にはかなり面白いですね。





■SONY BRAVIA関連の過去の記事

 SONY BRAVIAの新CM (2007/10/12, Deeplog)
 Live Color Wall Project (2007/07/11, Deeplog)
 Space Balls (2006/08/15, Deeplog)




このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
デジタルの今後
マメに読んでいる高城剛さんのブログの1/11の記事に、
OLPCについて書かれていたので注目しました。

OLPCとは"One Laptop Per Child"の略称で、
発展途上国の全ての子供達にPCを提供するプロジェクト。
僕のブログでも以前OLPCについて書いたことがあって、
とても興味がある分野です。

この記事の中で高城さんはデジタルの未来について、
以下のように書いています。


デジタルは、機能や軽量化、デザインや価格などではなく、
あきらかにいままでとは違う次のステージに向かっている。
いつの時代もパワフルなアイデアこそが、世界を変えていく。
時代は、なにを買ったかではなく、
なにを寄付したか、なにを辞めたか、になっていくだろう。
それこそが、未来のデジタルの最後の使命だと、僕は思う。



これ、すごく共感です。

デジタルという大きい括りから一つ一つのプロダクトまで、
「何を辞めたか」は重要なファクターになると思います。


個人的にデジタル分野では携帯電話の今後に期待。

僕は最低限、通話とeメールと検索が使えればよいので、
基本料金を無料にしてもらいたい。
基本料金を無料にする代わり、キャリア側はeメールのフッタや
検索サービス等に広告を入れてもらって構わない。

あ、それってGoogle Phoneがやろうとしてるんだっけ?


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。