Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Hannes Beckmann / SINTO
sinto


ここ最近まったくCDを買っておらず、
もっぱら昔買い集めたCDを引っ張り出して聴いています。

CDは一時期かなり売ってしまったのですが、
まだ結構な枚数を所有しているので、棚を掘り返していると
買ったことすら忘れていた名盤と再会することがあります。

このHannes BeckmannSINTOも、週末に再会した一枚。

SINTOはラテンジャズのマニアックなレアグルーヴ盤で、
どうにも怪しいジャケットデザインが購買欲を無くします(笑)。
ちなみにHannes Beckmannはジャズバイオリニストです。

僕はこのアルバムに入っているVida Na Terraという曲が好きで、
そればかりよく聴いていました。

Vida Na Terraは2部構成の楽曲で、序盤はビリンバウの演奏と共に、
カポエィラでよく歌われる定番ソングが流れます。

後半に入ると突然、ファンキーなラテンジャズに移行。
このラテンジャズが相当カッコ良いのです。
音の完成度と無茶な急展開がレアグルーヴたる所以かと。

いつどんなシチュエーションでこのCDを買ったのか思い出せませんが、
恐らく昔Keb Dargeにハマった時期があったので、その時でしょうね。

また気が向いたときに自宅に眠る名盤を紹介していきます。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。