Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ベルト meets メジャー
belt with built in gut measuring system
Source by ecal


デザインの発想がストイックで好きです。

でも腰周りが気になる方は、装着するのに勇気が要りますねー。。。
写真の方は相当勇気のある方だとお見受けしました(笑)。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ケルン大聖堂のステンドグラス
koln cathedral_3

koln cathedral_1

koln cathedral_2

koln cathedral_4


芸術家のゲルハルト・リヒターがデザインした
世界遺産でもあるケルン大聖堂のステンドグラス。

ゲルハルト・リヒターはドイツのケルン在住なので、
地元に錦を飾ったような仕事ですかね。

ドット柄のような幾何学模様を歴史的建造物に取り入れた
ゴシック+モダンなミスマッチ感が絶妙。

世界遺産にこのデザイン・・・カッコ良すぎます。
これには感性をビンビン刺激されました。

ちなみにリヒターはこのステンドグラスに似たような
デザインの絵画を過去に描いてるんですよね。
1974年の作品ですから相当モダンなセンスです。

とりあえずこのステンドグラスは実物が見たい!


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
STATETRIS
statetris1


アメリカ合衆国の各州の位置を覚えるのに便利なゲーム。
それがこのSTATETRIS

ルールは簡単。テトリスのような感覚で上から落ちてくる州を、
正しい場所に当てはめてアメリカ合衆国を完成させます。

アメリカ版の他にもヨーロッパ版アフリカ版など色々あります。


statetris2


UK版は相当難しそうですね。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
モーションポートレート
モーションポートレート株式会社が提供する
モーションポートレートという技術が凄いんです。

モーションポートレートとは、1枚の写真から3次元モデルを生成し、
アニメーションを自動的に作ることが出来るというもの。

つまり1枚の正面写真をアップするだけで、勝手に動き出すワケです。

ぜひリンク先のデモコンテンツをお試しください。
写真の顔がカーソルを目で追いかけたり、時々笑ったりと、
まるで生きているかのような動きをします。


モーションポートレート デモコンテンツ1
デモコンテンツを観る


モーションポートレート デモコンテンツ2
デモコンテンツを観る


歴史上の人物や芸能人の写真から作ったら面白そうです。

それにしても最近の技術革新は凄いですね。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ShopVogue.TV
ShopVogue.TV


苦戦が続く紙媒体の中、Vogueがひとり気を吐いています。

9月号のVogueに入った広告はなんと727ページ!

なぜこれほどの広告を獲得できたかというと、
VogueShopVogue.TVというショッピングサイトを展開しており、
広告主には同サイトへの出店チャンスが与えられるからです。

特に9月には、ShopVogue.TVのリニューアルが行なわれ、
動画などのリッチコンテンツや、CGM機能が追加されたために特需となったようです。


実際にShopVogue.TVのサイトを見てみましたが、相当ハイクオリティな出来栄え。

ショッピングコンテンツでは、雑誌に載っている広告と同じ写真や、
ショーのランウェイ写真から商品を購入出来ちゃいます。
動画コンテンツでは、流れている動画と連動した商品とが並んでおり、
動画を見ながら商品を購入することが出来ます。
またCGMコンテンツでは、ファッション・美容・インテリアなどの
ライフスタイルに関連した写真を投稿し、皆でシェアすることが出来ます。

広告主が出稿したくなる仕掛けとユーザーが訪れて楽しめる仕掛けが、
巧みに計算されたサイトになっているのです。


雑誌とWEBサイトを連動させた事例がたくさんある中で、
連動メリットがあまり見えないケースが多いように思えますが、
その点、このVogueのやり方はとてもスマートです。

嬉しいのか悲しいのか、727ページもの広告を載せた本誌は、
総重量が2kgにもなるそうですが。。。


Source by The New York Times
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
24時間テレビのマラソンは無謀か
24時間テレビ恒例のマラソンが実際どれだけ大変なのか気になり、
暇つぶしにちょっと計算してみました。


まず今年欽ちゃんが走った距離が70km。所要時間は24時間です。

24時間ずっと走り続けるのはさすがに厳しいと思われるので、
50分走ったら10分の休憩をとり、更に5時間の睡眠をとる設定で計算式を作りました。



24時間(所要時間)-5時間(睡眠時間)=19時間

10分(休憩時間)×19(休憩可能回数)=190分

=950分




上記の数式で導き出された950分がマラソンに使える時間になります。

次に、この時間内に70kmを走りきるために必要な時速を算出します。



70km(70,000m)÷950分=73.7m(分速)

×60分=4,422m(時速)




時速4,422mで走れば70kmを完走できるということがわかりました。


この時速4,422m(4.4km)がどれほどの速度かというと、
ほぼ人間の平均歩行速度とイコールなんです。

人間の平均歩行速度は1時間に4kmと言われています。


つまり僕が設定した条件下であれば、定期的な休憩と充分な睡眠をとったとしても、
普通に歩き続ければゴールできる計算になります。


とはいえ、実際には欽ちゃんの66歳という年齢から考えて、
体力的に同じペースで歩き続けるのは厳しいだろうから、
(テレビ的にも)最初は走って距離を稼ぐ必要があったでしょう。

でも決して無茶な挑戦ではないことがわかりました。



P.S.
言い遅れましたが、僕は24時間テレビが嫌いです(笑)。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。