Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
LIFE誌の写真を無料解放!
LIFE

廃刊LIFE誌の膨大な写真,ネット上で無料開放に
source by メディア・パブ


メディア・パブの記事で知ったのですが、
老舗の写真LIFEが遂に廃刊になるようです。

しかし嬉しいことに、LIFE誌が抱える膨大な写真
一般に無料開放するとのこと。

過去70年間に及ぶコレクションは1,000万点に及ぶそうです。
素晴らしい資産の有効活用ですねー。

寛大なTime社に感謝!


*Life.comLIFE magazine WEBサイト)


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Hampton Hawesの季節
もう春ですねー。風が清々しいです。
なんとなくHampton Hawesのピアノが聴きたい気分。

春に聴きたくなるジャズを「春ジャズ」と勝手に命名(笑)。
だからHampton Hawesは僕の中で春ジャズです。

Hampton Hawesのピアノは独特のタッチで、
少しクセがあるのですがそれがたまらなく気持ち良い。

とにかく“楽しく弾く”ピアニストの1人だと思っていて、
聴いてるこちらも楽しい気持ちになれるんです。

第二次世界大戦後に兵役で日本に駐留していたこともあるので、
当時の日本では結構有名なジャズミュージシャンです。

そんなHampton HawesのオススメCDを3枚紹介します。
どれも甲乙つけがたく最高に良いのですが、
強いて言うならワニのジャケットのVol.3が特に好き。

ジャズ初心者でも入りやすい内容だと思うのでぜひ!


ザ・トリオ Vol.1 ザ・トリオ Vol.1
ハンプトン・ホーズ (2005/09/22)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

Trio, Vol. 3 Trio, Vol. 3
Hampton Hawes (1991/07/01)
Original Jazz Classics
この商品の詳細を見る

Four! Hampton Hawes!!!! Four! Hampton Hawes!!!!
Hampton Hawes (1993/05/01)
Ojc
この商品の詳細を見る



このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
インテリアショップ巡り
Chair

週末は椅子を探してインテリアショップ巡り。

良いのをいくつか見つけたので、
写真を撮って家で見比べて検討中です。

さて今日は僕がオススメのインテリアショップを紹介。
どれもアンティーク家具のお店です。


FOUND
http://www.foundltd.com/

目黒(…というより都立大学)にあるインテリアショップ。
カフェが同設されていて、使っているテーブルや椅子、照明など
すべて購入することが出来ます。価格も他より若干低め。



GLOBE ANTIQUES
http://www.globe-antiques.com/

個人的に家の近くにあるお店なので便利です。
かなりクオリティの高い家具が盛りだくさん。
値段は少々お高いけど、絶対何か良い物と出逢えます。



Demode mix
http://demodemix.exblog.jp/

業務用家具がたくさん置いてあるDemode系列のお店。
自分でお店を開店する際に使えそうです。
スツールとか什器は普通に使える掘り出し物がいっぱい。



アンティーク系の家具が好きな人には、
どのお店も本当にオススメ。

インテリアショップ巡りは楽しいですよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ラン・ラン / チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番


僕は中学まで10年間位クラシックピアノを習っていたので、
今でも絶対音感があったりと、昔取った杵柄の恩恵を受けてるんだけど、
最近はクラシック音楽自体あまり聴く機会がありません。

でも、2004年にNHKの「芸術劇場」という番組でやっていた
ラン・ランベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏する
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23」には、
一瞬にして心を奪われてしまいました。


コンサート会場はベルリン郊外にあるヴァルトビューネ(Waldbuehne)という野外劇場。
ヴァルト(Wald=森)、ビューネ(Buehne=舞台)なので、まさに森の中に佇む会場です。

聴衆もみんなピクニック気分でお弁当やドリンクを持ち込んでいて、
クラシックコンサートとしてはかなりリラックスしたスタイル。


ラン・ランなんてピアニストはそれまで知らなかったんだけど、
もうこの番組を観た瞬間すぐ調べました(笑)。

ラン・ランは1982年生まれだそうで、このコンサートの時は22歳!
・・・ありえません。天才っているんですね。

彼の魅力はとにかくピアノが巧いこと。
驚くほど音をはずさない。一音一音全てを無駄にしない丁寧なタッチ。
時に豪快で時に繊細な振れ幅の広さ。表現のレベルが圧倒的に違います。

また、プロのピアニストでこれほど楽しそうにピアノを弾く人も
なかなか居ないとも思いました。

そして僕が一番スゴイと思ったのは、彼のカリスマ性。
演奏が進むにつれベルリンフィルのメンバーが彼の虜になっていき、
テンションが上がり、奇跡的な一体感が生まれている。

これはコンサートではなくライブです。
現地で生で聴けた人、幸せですねー。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Shark Tale / オリジナルサウンドトラック
Shark Tale Shark Tale
Original Soundtrack (2004/09/21)
Dreamworks
この商品の詳細を見る

DisneyPixerDreamworksの作品は
必ず観てるつもりだったんだけど(但しDVDで…)、
このShark Taleはまだ観ていませんでした。

というわけで、この週末さっそくDVDを購入して鑑賞。

これオープニングから完全にブラックムービーです。
なぜって音楽が相当ヤバイんです。

以下、Amazon.co.jpから抜粋したサントラの曲目ですが、
とにかく超豪華。明らかに力入ってます。


1. Three Little Birds - Sean Paul/Ziggy Marley
2. Car Wash - Christina Aguilera/Missy Elliott (Shark Tale mix)
3. Good Foot - Justin Timberlake/Timbaland
4. Secret Love - JoJo
5. Lies & Rumors - D12
6. Got To Be Real - Mary J. Blige/Will Smith
7. Can't Wait - Avant
8. Gold Digger - Ludacris/Lil' Fate/Bobby V
9. Get It Together - India Arie
10. We Went As Far As We Felt Like Going - Pussy Cat Dolls
11. Digits - Fan 3
12. Sweet Kind Of Life - Cheryl Lynn
13. Some Of My Best Friends Are Sharks - Hans Zimmer



僕のオススメはまず1曲目。
Bob Marleyの息子とSean Paulが歌うBobの名曲カヴァー。
息子のZiggy Marleyは相当ピースな人物です。

次のオススメは2曲目のCar Washで、懐かしいRose Royceのカヴァーです。
MissyAguileraという異色のタッグでアレンジもかなり良い。
Missyはチキチキ(古…)なのであまり好きじゃなかったけど、
やっぱりラップ聴いてみるとカッコいいな。

でもって一番オススメはなんといっても
Mary J.BligeWill Smithが歌うGot To Be Real
当然あのCheryl Lynnのカヴァーです。
これはマジかっこいい。普通にフロアで使えるよ。


たまたまカヴァー曲ばっかりオススメしちゃいましたが、
他の曲も良いのが揃っていますよ。

こういうアニメにレゲエソウルの名曲カヴァーが多く挿入されるのは、
昔のブラックムービーに対するオマージュだと思うんですよね。

映画のストーリーも純粋に面白かったんだけど、
今回は音楽ばかりに注目してしまいました。


Africa Unite: The Singles Collection Africa Unite: The Singles Collection
Bob Marley & The Wailers (2005/11/08)
Universal International
この商品の詳細を見る

The Best of Rose Royce from The Best of Rose Royce from "Carwash"
Rose Royce (1995/01/01)
Universal Special Products
この商品の詳細を見る

Cheryl Lynn Cheryl Lynn
Cheryl Lynn (1990/10/25)
Columbia
この商品の詳細を見る



このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Village Callers / Live!!
Live Live
Village Callers (2007/03/26)
Vampi Soul
この商品の詳細を見る

チカーノロックの超名盤にして超レア盤をご紹介します。

ちなみにチカーノロックってのは、
ラテン系のファンクみたいな音を指すジャンルらしい。
※完全に音楽サイトの受け売り。。。

チカーノロックの世界は良く知らないんだけれど、
"チカーノ"って言葉はラテンと言うよりメキシカンですよね。

このアルバムは随分前に買って以来、何度も聴いてるお気に入り。


僕はLaura NyroStoned Soul Picnicが好きなので、
この曲をカヴァーしているアーティストを探していたら、
偶然Village Callersと出会いました。
出会いのきっかけを作ってくれたLaura Nyroに感謝!?


さてアルバムの内容ですが、全曲を通して猛烈なラテンファンク

アメリカのファンクよりも、ちょっと暗いんですよね。
アングラな匂いがプンプンしており、その危うさがたまらない。
個人的にはドンピシャで好きな感じ。


余談ですけど、Laura NyroStoned Soul Picnicは、
このVillage Callers以外にも、Roy Ayers5th Dimension
カヴァーしてます。気になった方はチェックしてみてくださいな。


イーライと13番目の懺悔 イーライと13番目の懺悔
ローラ・ニーロ (2002/08/21)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

Stoned Soul Picnic Stoned Soul Picnic
Roy Ayers (2002/04/22)
Atlantic
この商品の詳細を見る

Stoned Soul Picnic Stoned Soul Picnic
The 5th Dimension (2000/04/18)
Buddha
この商品の詳細を見る



このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。