Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ネクストステージ突入!?
インターネット関連の気になるニュースをいくつか。

CRAYON

まずテレビCM崩壊の著者Joseph Jaffe氏が、
ヴァーチャル空間であるSecond Life上に会社を設立するらしい。
※ソース:jaffe juice

日本でも、デジハリ大学院Second Life研究室を設立し、
さっそく講座を開催する模様。講師には、リンデンラボ社
トレーニングを受けた研究員が招かれる。
※ソース:WebAD Times

先日書いたようにSecond Lifeがいよいよ盛り上がってきている。
確実にメタバースが注目されてきているなー、と。

インターネット業界もWeb2.0と呼ばれる過渡期を経て、
いよいよネクストステージに突入ですかね。


また、そんなネクストステージ突入を裏付けるような出来事として、
ユニリーバ社がYOU TUBEを使って行なった
バイラル広告「Evolution」による同社WEBサイトへの誘導効果が、
あのスーパーボウルのCM効果を上回ったというニュース。
※ソース:Advertising Age

世界一広告コストをかけたCMが無料動画コンテンツに負ける。。。

PlayVideo -YOU TUBE-


これまでの常識がまったく通用しなくなり、
これまでの常識のその上を行くサービスが次々と立ち上がる時代。

なんだか面白くなってきました。




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Art wizje
*Art wizje

わかる人だけがわかれば良いって感じのアート
シンプルでユーモアがあって深いメッセージ。かなり好きです。

art wizje_01

art wizje_02

art wizje_03


*Art wizje



このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
ミニカー収集ことはじめ
大人になったらミニカー収集でもしようかなと、
今からひそかに画策しています。

ミニカーへの興味のきっかけは、ANAの機内冊子に載っていた
Marklin社(メルクリンの鉄道模型に心奪われてしまったため。

当然、最初はMarklinを集めようと思ったのですが、
よくよく考えてみると、鉄道模型を突き詰めていったら、
最後は線路やら駅舎やらと、ジオラマ的要素がかなり色濃くなり、
場所を取るわ金はかかるわで、絶対に家庭崩壊の引き金になるな、と。

そもそも僕は車両のディティールやパッケージデザインに
惹かれているので、走らせたりすることは別に興味ないし。。。
とはいえ、鉄道模型の最終ゴールがジオラマなのであれば、
手を出さざるを得ないのがコレクターの心情とも言うわけで。
…であれば、最初から集めないのが良いという答えに。

そんなこんなで、色々調べてて結局行き着いたのがミニカー
日本だとトミカが断然有名ですが、海外のミニカーも熱いです。

個人的には物凄く精密に作られたミニカーよりも、
少しディフォルメされた玩具っぽい方が好み。

探した中ではフランスのSOLIDO社のものが良い感じです。

SOLIDO_1

SOLIDO_2

まあ今は家も狭いし、1~2台買って満足しておくべきですね。
将来のコレクション候補ということで。


*ミニカーとアンティーク雑貨のお店 -RRR-
*メルクリンセンター レオ



このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
メタバースに興味津々
Second Life

これからはMMO(オンラインゲーム)業界が面白い。

もうすぐブームが来ると言われているのが、
リンデンラボが提供するSecond Lifeのようなメタバース

メタバースというのは、3Dで出来た仮想空間を指す呼称で、
従来のバーチャル空間と違うのは、ユーザー自身がその空間を
創造したり、変えていったりすることができる点。

更にメタバース内には仮想の街があり、そこで買物をしたり、
学校や会社に通ったり、事業を起こしたり・・・と、
普段の生活と何ら変わらない、もう1つの人生を送ることが出来る。

そしてメタバース内で稼いだお金は実際の現金に換金可能


ビジネス視点で考えると、メタバース内に出店することも出来るし、
架空の街にある看板などに広告を打つことも出来るでしょう。

他にも、メタバース内で事業を起こし、他のユーザーから課金して、
本当にお金を稼いじゃったりしても良い。
既に始めている企業もあったりするからすごい。


もはやこの潮流って、Web3.0の領域じゃないだろうか。
コンシューマー的にもビジネス的にも無限の広がりを感じる。

…というわけで、興味津々な僕としては早速やってみたいんだけど、
やっぱりまだ展開しているのは海外だけ・・・とガッカリしていたら、
なんとSecond Lifeの日本版がもうすぐリリースとのこと!

超楽しみ。
ユーザーとして、というよりビジネスチャンス的に。


*Second Life
*メタバース(metaverse.jp)


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
Google Co-op
オリジナルの検索エンジンが作れる垂直検索サービス
Google Co-opを使って、早速検索エンジンを作ってみました。

Discotek Search Engine
Discotek Search Engine

主にダンスミュージックの情報に特化させたエンジンです。

正直Google Co-opの使い方を正確に理解できてません…。

尚且つ、頭に思い付いたサイトしか登録してないので、
検索結果に乏しいのは大目に見てやってください。
色々いじって徐々に改善していく予定です。

このサービス、Adwordsの売上がGoogleと管理者との間で
レベニューシェアされるというのが面白いです。

Google Co-opに関する詳しい記事は、
下記のブログやWEBサイトを見てみてください。

CNET Japan
SEMリサーチ
メディア・パブ

結論、やっぱりGoogleはすごいなーという印象です。


*Google Co-op


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
WEB2.0(?)に見る人間の本質
最近ソーシャルブックマークタグなどを始め、
色々なブログパーツツールがリリースされておりますが、
これらのサービスはなぜユーザーから受けるのでしょうか。

そもそも参加したり使ってみたりするユーザーの
モチベーションの源泉はなんだろうかと考えてみます。

恐らくモチベーションの源泉は以下の2点だと思います。

ユーザー間のつながりが密になる
アクセスアップが期待できる



ユーザー間のつながりが密になってアクセスアップすれば、
どんなメリットが生まれるかを考えると、以下の事柄が浮かびます。

自分のブログをより多くの人に見てもらえる
友達(的なもの)が増え、コミュニケーション幅が広がる



では、なぜ人は自分のブログを多くの人に見てもらいたいのでしょうか。
なぜネット上でコミュニケーション幅を広げたいのでしょうか。

恐らく人という生き物は皆、以下の3つの要素を抱えていることが、
原因なのではないかと考えます。

人間という生き物は・・・シャイである
 ex.リアルコミュニケーションは恥ずかしくて苦手。
 ex.自分の本性(趣味・特技・思想)をさらけ出すのは恥ずかしい。

人間という生き物は・・・寂しがりである
 ex.一人でいるのは平気だけど、友達がいないのは辛い。
 ex.そもそも一人でいるのが苦手。

人間という生き物は・・・目立ちたがりである
 ex.自分の本質をもっと知ってほしい。
 ex.固有の知識・特技をひけらかしたい。


このように人間というのは元来目立ちたがりなのですが、
それよりも先にシャイであり、そのくせ寂しがりなのではないでしょうか。

これはブログSNSの台頭以前には表面に出てこなかった人間の性質で、
最近になって如実に表れてきた特徴だと勝手に思っています。

寂しいから目立ちたいけど恥ずかしいけど寂しいから…といったような
ゴールの見えない堂々巡りを脳内で繰り返しているのが、
一般的な人間の思考回路なのではないでしょうか。

この3つの矛盾した要素を全て解決するものこそがインターネットであり、
さらに深堀りできるものがブログSNSであり、それを加速させるものが、
冒頭に書いたツールサービスなんじゃないかというのが、僕なりの結論です。

そう考えると、今後ユーザー向けサービスを開発するとして、
この3つの要素をケアできるように意識すれば、
それなりのヒット商品が生まれるような気がします。

あくまでインターネット上の話ですが。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。