Deeplogトップページへ戻る

[Deeplog - ディープログ] 管理人のアンテナに引っかかったネタを徒然書いています。広告・アート・音楽・ファッションが中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
WRANGLER BY CHRISTOPHE LEMAIRE
世間ではDENIMブームが長らく続いているんだけど、
LEVI'SLeeとのコラボはどこもかしこもやりすぎで、
さすがに飽きられた感がある中、ココへ来て
クリストフ・ルメールWRANGLERをデザインした。

ルメールWRANGLERのどちらも好きな僕としてはとても興味深い。

ルメールは自分の名前を冠したブランドを展開した後、
ラコステのデザイナーに就任。※ちょうどラコステブームの時期。
中間色を基調としたシンプルでカワイイ服を作っていた。

で、気になるWRANGLER BY CHRISTOPHE LEMAIREですが、
期待したほどそんなにイケてない。。。

ルメール×ラングラー


これを見て個人的にハッキリしたことがある。

やっぱりね、そのままのWRANGLERが一番なんですわ。
ちょっとダサいシルエットで西部の匂いがプンプンした
カウボーイカットのWRANGLERが一番かっこいい。

====

さてさてマニアックな話になるけれど、
WRANGLERは生産年代によってディティールが微妙に違い、
僕は40年代後半に作られたものが好き。

40年代前半に作られたモデルは、
尻ポケットのステッチがリーバイスみたいな
アーキュエイトステッチになっているんだけれど、
WRANGLERはやっぱり"W"のステッチが良い。

逆に50年代以降からは、尻ポケットに付いているパッチが、
レザーじゃなくてプラスチックっぽい謎の素材になり、
しかもボタンフライがジッパーに変わる。
シルエットも少し太くなっている気がする。

トータルで見ると、40年代後半のものが完璧。
フロントがボタンフライで"W"ステッチで尻のパッチがレザー、
シルエットが少し細身、という完璧なディティールなのだ。


・・・興味ない人には相当どうでもいい話ですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。